レシピ

いかめし

駅弁で人気の北海道の郷土料理のいかめしの作り方です。おつまみやお弁当にも!

材料 (2人分)

するめいか 2杯
もち米 100cc
50cc
しょうゆ 小さじ2
みりん 小さじ2
大さじ1/2
<煮汁>
160cc
和風だしの素 小さじ1/2
しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ1
大さじ1
砂糖 大さじ1

作り方

1. もち米は良くとぎ、1時間以上吸水させて水気を切っておく。

2. 炊飯器に水気をよく切ったもち米を入れ、分量の水・しょうゆ・みりん・酒を加えて炊く。

3. いかの胴は中を良く洗って水気を切り、足は1本ずつに切り分けて1㎝位の長さに切る。

4. もち米が炊きあがったら、いかの足をちらして蒸らし、バットなどにあげて良く冷ます。

5. 【4】をいかの胴に詰め(棒状のおにぎりを入れるようにすると良い)、爪楊枝でとめる。

6. 鍋に煮汁の材料をを入れて沸騰させ、【5】を並べて煮込む(中火20分~ 落としブタをしながら途中裏返すと良い)

7. いかを取り出して粗熱を取り、食べやすい大きさに切りわけて皿に盛り付ける。

8. 煮汁を強火でややとろみがつくまで煮詰め、いかめしにかける。

~するめいかのおろし方~

1. 胴に指を入れ、内臓と胴が接している部分をはずす。

2. 片方の手でえんぺらの下を、もう一方の手で目のあたりを持ち、内臓を静かにまっすぐに引き抜く。

3. 胴から軟骨を取り除き、内臓と足は目の下で切り分ける。

4. 足を切り開き、クチバシを除き、包丁の背を使いウロコを除く。足先は1~2㎝程除いておく。

5. 水洗いをする(足の吸盤の先のウロコが落ちにくい時は、塩でこすると良い)。

レシピだけではおいしく作れるか不安…そんな方は料理教室に通ってみませんか?

500円体験レッスン