レシピ

さんまごはん

秋の旬の味、さんまをたっぷり使った土鍋で簡単炊き込みごはん。アツアツはもちろん。さめてもおいしいのでお弁当にも!

材料 (4人分)

さんまごはん
260cc
もち米 120cc
昆布だし(だし昆布5g 水500cc) 400cc
しょうゆ 大さじ1
少々
大さじ1
しょうが 20g
さんま 2尾
小さじ1/2
しょうが 10g
青じそ 2枚
白炒りごま 少々

作り方

下準備

・米・もち米は洗米後、吸水させ、水気を切っておく(60分~)。

・さんまは頭を落とし、内臓を除き、それぞれ半分に切る。水で洗った後、水気を除き、塩をふり置いておく(10分~)。

・だし昆布はさっと汚れを拭き、繊維に逆らって数ヶ所切り目を入れ、分量の水につけ、昆布だしを取っておく(30分~)。

・しょうがはそれぞれ皮をむき、細いせん切りにし、飾り用のしょうがは水にさらしておく。

・青じそは軸を除き、せん切りにしておく。

作り方

1. フライパンに油(材料外)を熱し、余分な水気を除いたさんまを入れ、両面こんがりと焼く(またはグリルで焼く)。

2. 炊飯器に米・もち米・昆布だし・しょうゆ・塩・酒・しょうがを入れ、ひと混ぜして表面をならして炊き、さんまの塩焼きをのせ、蒸らす。 ※鍋や土鍋で炊く場合は、沸騰後弱火で約10分。その後10分蒸らしましょう。

3. さんまの骨を除き、ほぐして全体に混ぜ込み、器に盛り付け、針しょうが・青じそ・白炒りごまを添える。

レシピだけではおいしく作れるか不安…そんな方は料理教室に通ってみませんか?

500円体験レッスン