免疫力アップで風邪対策 

免疫力アップで風邪対策 

免疫力アップで風邪対策 

冬本番の寒さが続き、風邪やインフルエンザが流行しやすい季節となりました。今回は、食事で免疫力をアップする方法をご紹介します。

カラダを守る免疫力とは?

カラダを守る免疫力とは?

免疫とは、細菌やウイルスなど外敵からカラダを守るためのシステムのことを言い、「免疫力」とはカラダに侵入してきた細菌やウイルスなどの外敵に対する抵抗力のことを言います。
風邪やインフルエンザなど感染症にかかりやすい人は、病気全般に対する抵抗力が低い傾向があります。一方、病気にかかりにくい人は抵抗力が高い=免疫力が高いので、他の病気にもかかりにくく、健康な状態でいることができます。

腸と免疫力

腸と免疫力

カラダの中の器官の中で免疫力と深い関係のあるものに「腸」があげられます。腸は食べ物の消化・吸収以外にもカラダの中の免疫細胞の約60%が存在していると言われ、食べ物などと一緒に侵入してきた有害な細菌やウイルスをブロックして体内に吸収させない仕組みを持っています。
そのため、腸内環境が乱れてしまうと免疫力が低下し、風邪やインフルエンザなどに感染しやすくなります。日頃から「腸」を意識し、腸内環境をととのえることが大切と言えます。

理想の腸内環境とは?

理想の腸内環境とは?

私たちの腸には100~1000種類、重さにして1.5~2.0㎏程の腸内細菌が存在していると言われています。腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つに分類され、体調や年齢などにより菌のバランスは変化し続けています。
腸内細菌の中でも悪玉菌が増加するとさまざまな病気の原因になる可能性があります。 腸内細菌のバランスは善玉菌:悪玉菌:日和見菌の順に2:1:7が理想的な状態とされています。

腸内環境をととのえる食材(栄養素)とは?

腸内環境をととのえる食材(栄養素)とは?

免疫力アップのために理想の腸内環境を実現するには善玉菌を増やす働きをもつ食材(栄養素)を摂取することが大切です。

免疫力アップのための腸内環境をととのえるレシピを紹介します。

免疫力アップのための腸内環境をととのえるレシピを紹介します。

根菜の棒棒鶏

根菜の棒棒鶏

ごぼうと豆腐のポタージュ"

ごぼうと豆腐のポタージュ

ごろごろ根菜の豆乳シチュー

ごろごろ根菜の豆乳シチュー

スンドゥブ・チゲ

スンドゥブ・チゲ

第8回ヘルスフードカウンセラー検定試験開催

開催場所:東京、横浜、名古屋、大阪
開催日:2018年3月10日(土)、11日(日)
申込期間:2017年12月4日(土)~2018年1月31日(日)まで

ヘルスフードカウンセラー検定とは

医学・栄養学・調理額などをトータルに学び、健康敵なライフスタイルに活かすための食の資格です。資格の知識を活かした「食事」を取り入れてみませんか?