おいしく減塩するためのコツを知ろう!

おいしく減塩するためのコツを知ろう!

おいしく減塩するためのコツを知ろう!

「減塩」ときくと味が薄く、美味しくないというイメージを持つ方が多くいらっしゃいますが、少しの工夫でおいしく仕上げることができます。今回は減塩のための調理ポイントや栄養素をお伝えします。


減塩とは?

減塩とは?

平成27年国民健康・栄養調査 結果概要引用)平成27年国民健康・栄養調査 結果概要

減塩とは、食事で摂取する塩分を減らすことを指します。
日本人の塩分摂取量は、世界的に見ても多く、その原因としては、しょうゆ、味噌など日本特有の調味料を使った和食文化や加工食品、外食の普及などが考えられます。
平成27年国民健康・栄養調査によると日本人の平均塩分摂取量は平均10gという結果が出ています。
塩分(ナトリウム)を摂り過ぎると、高血圧や動脈硬化、心筋梗塞や腎臓病などさまざまな病気を引き起こす原因となります。
1日の塩分摂取量は男性8g未満、女性7g未満を目標に食事を見直していきましょう。

減塩とは、食事で摂取する塩分を減らすことを指します。
日本人の塩分摂取量は、世界的に見ても多く、その原因としては、しょうゆ、味噌など日本特有の調味料を使った和食文化や加工食品、外食の普及などが考えられます。
平成27年国民健康・栄養調査によると日本人の平均塩分摂取量は平均10gという結果が出ています。
塩分(ナトリウム)を摂り過ぎると、高血圧や動脈硬化、心筋梗塞や腎臓病などさまざまな病気を引き起こす原因となります。
1日の塩分摂取量は男性8g未満、女性7g未満を目標に食事を見直していきましょう。

平成27年国民健康・栄養調査 結果概要引用)平成27年国民健康・栄養調査 結果概要



減塩のための調理ポイント

減塩のための調理ポイント

調味料の選び方や食材の選び方を工夫することでおいしく減塩を続けることができます。
減塩のための調理ポイントをご紹介します。


参考)調理のためのベーシックデータ 第四版 女子栄養大学出版部



塩分を摂り過ぎたときにおすすめの栄養素

塩分を摂り過ぎたときにおすすめの栄養素

塩分の摂り過ぎが気になったら摂り過ぎた塩分を排泄する効果のあるカリウムを積極的に摂取しましょう。
カリウムは、野菜や果物、豆類などに多く含まれる栄養素です。
カリウムは水溶性で溶けやすい性質のため、生のままサラダでいただくか汁ごといただけるスープにすることがおすすめです。

減塩のための調理ポイントを使用したレシピをご紹介します

減塩のための調理ポイントを使用したレシピをご紹介します

トマトのさっぱり和え

トマトのさっぱり和え

えびとアボカドのクリームパスタ

えびとアボカドのクリームパスタ

フルーツサラダ

フルーツサラダ

たこと彩り野菜のマリネ

たこと彩り野菜のマリネ

第7回ヘルスフードカウンセラー検定試験1・2・3級受験者募集!

開催場所:東京、横浜、名古屋、大阪
開催日:9月23日(土)、24日(日)
申込期間:7月1日(土)~8月27日(日)まで

ヘルスフードカウンセラー検定とは

医学・栄養学・調理額などをトータルに学び、健康敵なライフスタイルに活かすための食の資格です。資格の知識を活かした「食事」を取り入れてみませんか?